【グラブル】古戦場が100倍楽しくなる簡単HELL爆弾の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やってまいりました、古戦場。

古戦場、ただ走るだけでは楽しくない。相手をアッ…と言わせたい。

そんな方におすすめなのがHELL爆弾。

今回は古戦場でHELL爆弾(HELL砲)をどうやって作ればよいかを解説していこうと思う。

30人目いっぱいで作ればなんと1億点をひっくり返すことも可能になるHELL爆弾。

戦術においてこれほど怖いものはない。相手も慢心できなくなる。

大人数になると管理が難しくなるだけで基本的には同じ。エクセルシートとかを活用して是非やってみてほしい。

※【過去の手法になってしまいました】サーバー負荷がかかるためか、アップデートが成されてしまいこの手法は使えなくなってしまいました。残念。逆手に取ってどっかにポイント蓄積して後から開放するみたいなゲーム性を取り入れたら面白いのにね。皆使うからドキドキもクソもないか。

HELL爆弾(HELL砲)をするにあたって準備するもの

  • 自発3発分の肉
  • マルチ参戦のための種3回分
  • 全汁(戦力による)
  • 気合
  • スプレッドシート(人数による)

以上。爆弾を打ち込んで、相手と僅差になる、もしくは相手の貢献度をひっくり返すことが出来るタイミングで使おう。

誰でも簡単にできるHELL爆弾のやり方解説

まずは最小単位の2人で紹介しよう。

通常、1人の人が同時に入ることが出来る救援は「自発が1、救援が3」と決まっている。

HELL爆弾はAさんがHELLを自発して、Bさんがまずそこに入るところから始まる。

Aが自発したHELLに、Bが救援で入る。

AはBが入ったら撤退する。撤退した人の貢献度は手に入らないため、Bを確認したら即座に撤退。

Aが自発したHELLから撤退する

撤退したら、Aはもう一回自発できる。ここがポイント。

BはまたAの自発した救援に入る。

Aがもう一度自発し、Bが救援で入る

同じことを3回繰り返して、Aは最後にもう一回自発する。

Bの救援3つを余すこと無く使用して、更に追加の自発を1発。

Aは合計4回HELLを自発し、Bは3回救援に入る。これがHELL爆弾の最小ユニット

これが最小の爆弾ユニットだ。

これを人数分だけ同じことをする。図に表すとこんな感じ。

4人でやる場合のHELL爆弾構成

4人で最大12発打つことが可能になる。MAXの30人だと最大120発。

これで限界ギリギリまで残ってる人が削りきって、タイミングに合わせて倒してリザルトを見る、というのがHELL爆弾の全部の流れだ。

ちなみに1人で倒せない場合は、2人、3人とかでタッグを組んで入ることになる。

スプレッドシートを使うとこんな感じになる。

スプレッドシートを使用した場合の爆弾管理方法

この団はDさんとEさんが戦力が若干低く、タッグを組んでいるため爆弾が本来の数よりも少し減っている。

でもこれでも12個。12個でも95HELLとかであれば相当な威力を出せるので侮れない。

HELL爆弾で注意すべき点

特に以下2つを注意しよう

  • 1時間30分という制限時間がある
  • 23:59までにリザルトを見ないと貢献度は加算されない

タイミング命な爆弾だが、消滅してしまっては仕込みの意味がない。加算されなければ意味がない。

ちゃんと時間見てやるんやぞ。

あと1体倒して自分がどれくらい倒すのに時間がかかるのかを計っておくのおすすめ。

ストップウォッチ持ってこなくても倒し切る直前に画面の一番上見て1:30から引けば所要時間出るから確認しておくべし。

HELL爆弾の威力

各HELLを1体まるごと倒したらこんな感じの数値。

Lv90 HELL 約260,000
Lv95 HELL 約910,000
Lv100 HELL 約2,680,000

毎回若干変動があるけどね。ちゃんと1体倒して計算機叩くんやぞ。

一覧表を作成してみた。活用してほしい。

爆弾の個数 1 5 10 15 20 30 40 60 80 100 120
90HELL 260,000 1,300,000 2,600,000 3,900,000 5,200,000 7,800,000 10,400,000 15,600,000 20,800,000 26,000,000 31,200,000
95HELL 910,000 4,550,000 9,100,000 13,650,000 18,200,000 27,300,000 36,400,000 54,600,000 72,800,000 91,000,000 109,200,000
100HELL 2,680,000 13,400,000 26,800,000 40,200,000 53,600,000 80,400,000 107,200,000 160,800,000 214,400,000 268,000,000 321,600,000

並べてみると半端ねーなおい。

B帯、C帯は15個くらい作って爆破させるだけでもだいぶ順位変動して楽しいぞ。

HELL爆弾を打ち込むタイミング

相手が全く動いていなくて、完全に油断している状態であれば、爆弾の数にも夜が終了5〜10分前に爆発させるのがおすすめ。

自力で発射できる人がたくさんいたら、5分〜10分あれば全部爆発出来る。

もし難しい場合・勝てそうな場合は汁チェイン・復活薬を贅沢に使っていこう。

SkypeやDiscordなどを使って皆で連携を取りながらタイミングを見ていくことが一番楽しいのでおすすめ。号令をかける、例えば団長だけ喋るでも良いしね。

HELL爆弾を何故皆やるのか

一体感が病みつきになるから。

いやマジで。スカイプとかTwitterDMとかディスコ繋げてやるHELL爆弾はなんとも言えない一体感に襲われる。

こう…なんていうか全員で悪さをしている感じというか小学校の頃に公園でアダルティーな本を見つけてそれを大人の目を盗んで皆で鑑賞会を開いている時と同じ感覚…。

まぁ試してみてくれ。

よきグラブルライフを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。